アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

7120

宮崎進



美術家で多摩美術大学名誉教授の宮崎進、心不全のため神奈川県内の病院で16日死去、96歳。

1922年山口県徳山市出身。日本美術専門学校を卒業。42年応召。中国東北部で終戦を迎え、シベリア抑留を経験。57年光風会展に出品。65年日展で「祭の夜」が特選となる。東北や北海道で暮らす人々や旅芸人などを描き、67年「見世物芸人」で安井賞受賞。並行してシベリア抑留時の過酷な体験をもとにした作品を手がけていたが、本格的公表は90年代半ばから。81年多摩美術大学教授に就任。98年芸術選奨文部大臣賞受賞。04年サンパウロ・ビエンナーレに日本代表として出品。07年シベリア体験に基づく自伝的著書「鳥のように シベリア 記憶の大地」を出版。多摩美大美術館館長。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop