アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7159

マサ斎藤



元プロレスラーのマサ斎藤(本名:斎藤昌典)、14日死去、75歳。00年からパーキンソン病を患っていた。

1942年東京都中野区出身。明治大学在学中の63年レスリング全日本選手権でフリースタイル、グレコローマンの両ヘビー級で優勝。64年東京オリンピックに出場。
卒業後の65年日本プロレスに入門。66年日本プロレスを離脱し、豊登が興した東京プロレスに参加するが、67年崩壊。フリーランスとして渡米。72年5年ぶりに帰国し日本プロレスに出場、74年からは新日本プロレスに断続的に参戦。再渡米後の84年事件に巻き込まれて逮捕、懲役1年半。そこでフィニッシュホールド「監獄固め」を開発。87年アントニオ猪木と時間無制限ノーレフェリー無観客マッチ「巌流島の戦い」で2時間を超える死闘を演じた。
99年現役引退。05年佐々木健介の事務所「健介オフィス」入り。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop