アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7162

浅利慶太



演出家で劇団四季創設者のひとりである浅利慶太、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で13日死去、85歳。

1933年東京都生まれ。慶応大学文学部仏文学科在学中の53年日下武史ら10人で劇団四季を創立。以来、劇団代表・演出家としてほぼ全作品のプロデュースや演出を手がけた。「ウェストサイド物語」「コーラスライン」「ライオンキング」など海外作品を翻訳上演。さらに、「夢から醒めた夢」や「ユタと不思議な仲間たち」、太平洋戦争や日中戦争を題材とした「昭和歴史三部作」などオリジナル・ミュージカルを手がけ、日本にミュージカル文化の根づかせた。83年初演の「キャッツ」で日本初のロングラン公演を実現した。
このほかオペラの演出も手がけた。98年長野冬季オリンピック開閉会式のプロデュース・演出も担当した。
14年四季社長を退任。15年浅利演出事務所を設立し社長就任。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop