アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7179

板井圭介



大相撲元小結の板井圭介、東京都内の自宅で14日死去、62歳。自宅で倒れているところを発見された。糖尿病などで定期的に病院に通い、心臓にペースメーカーを埋め込んでいた。急死とみられる。

1956年大分県臼杵市生まれ。大分水産高校(現:海洋科学高校)から実業団の黒崎窯業をへて、78年大鳴戸部屋に入門。同年秋場所に前相撲で初土俵。序ノ口、序二段、三段目と3場所連続で優勝。序ノ口からの26連勝は当時最多。幕下も2場所で通過し、79年秋場所新十両、80年秋場所に新入幕。89年夏場所で自己最高位となる小結に昇進。
幕内在位54場所、通算成績496勝515敗98休。金星3個。殊勲賞、技能賞各1回。91年秋場所限りで引退。
00年日本外国特派員協会の講演で、自らの体験をあげて八百長を告発。同年八百長の暴露本を出版。08年記事を巡る裁判に証人として出廷し、自らの八百長への関与を認めた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop