アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

7211

モンセラート・カバリエ



スペインのオペラ歌手モンセラート・カバリエ(Montserrat Caballé, 本名:Maria de Montserrat Viviana Concepción Caballé i Folc)、バルセロナの病院で6日死去、85歳。長年胆嚢を患っており、9月から入院生活だった。

1933年バルセロナ生まれ。リセウ音楽院で学ぶ。56年バーゼル歌劇場に加わり、57年「ボエーム」のミミ役でオペラ歌手デビュー。60/61年シーズンにブレーメン歌劇場に登場。62年バルセロナに戻り、リセウ歌劇場(リセウ大劇場)での初舞台。65年米ニューヨークのカーネギー・ホールで演奏会形式の「ルクレツィア・ボルジア」上演で、オペラ界にその名を知らしめた。
90の役柄を歌いこなすソプラノ歌手で、20世紀最高の歌い手のひとりとされた。
88年ロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーとのデュエット・アルバムを発表。収録曲は92年バルセロナ五輪のテーマ曲となった。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop