アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
お薦め




7212

輪島大士



元大相撲横綱の輪島大士(本名:輪島博)、東京都内の自宅で8日死去、70歳。13年12月に咽頭がんの手術を受け、発声が困難な状況になっていた。

1948年石川県七尾市出身。金沢高校をへて日本大学に進学。大学時代に2年連続で学生横綱となり、14個のタイトルを獲得した。日大卒業前の70年花籠部屋に入門。同年1月場所に幕下付出で初土俵。2場所連続で幕下全勝優勝し、当時の最短記録で十両入り。4場所の十両をへて、初土俵から1年で新入幕。72年大関昇進、4場所目の73年5月場所で全勝優勝し、第54代横綱になる。初土俵から3年半のスピード出世で、史上初の学士・本名横綱。その後、北の湖とともに輪湖時代を築いた。
生涯戦歴673勝234敗85休(68場所)、幕内戦歴620勝213敗85休(62場所)、幕内最高優勝14回。

81年3月場所中に引退。花籠部屋を継承するが、金銭問題などで85年12月に日本相撲協会を退職。
86年全日本プロレスに入門し、プロレスラーに転身。天龍源一郎らと激戦を繰り広げたが、88年12月引退。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop