アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
お薦め




7217

トーマス・アーサー・スタイツ



米生化学者でノーベル化学賞受賞者のトーマス・アーサー・スタイツ(Thomas Arthur Steitz)、膵臓癌のためコネチカット州ブランフォードの自宅で9日死去、78歳。

1940年ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれ。ローレンス大学で化学を学んだのち、ハーバード大学に進学。66年生化学・分子生物学で博士号を取得。ケンブリッジ大学MRC分子生物学研究所でジェーン・コフィン・チャイルズ博士研究員職に就任。76-77年までゲッティンゲン大学で研究活動。84-85年までカリフォルニア工科大学でフェアチャイルド・スカラーとして勤務。イェール大学およびハワード・ヒューズ医学研究所にてスターリング分子生物物理学・生化学教授。
09年リボソームの構造と機能に関する研究の功績によりノーベル化学賞をヴェンカトラマン・ラマクリシュナン、アダ・ヨナスと共同受賞した。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop