アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7239

赤木春恵



女優の赤木春恵(本名:小田章子)、心不全のため東京都府中市の病院で29日死去、94歳。

1924年中華民国(北京政府)吉林省長春県生まれ。33年帰国し京都に住む。40年女学校を卒業、松竹にニューフェイスとして入社。同年映画「二本松少年隊」でデビュー。芸名は赤木春生。43年大映へ移籍。47年東映プロデューサーの栄井賢(本名:小田 賢五郎)と結婚。48年東映に移籍、59年森繁久彌主催の森繁劇団に参加するためにフリーとなる。
74年「四季の家」の出演以降、橋田壽賀子や石井ふく子プロデュース作品に多数出演。79年から「3年B組金八先生」に校長役でレギュラー出演。90年から「渡る世間は鬼ばかり」にレギュラー出演。
87年菊田一夫演劇賞、14年「ペコロスの母に会いに行く」で毎日映画コンクール・女優主演賞を受賞。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop