アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7241

入沢康夫



詩人で仏文学者の入沢康夫、10月15日死去、86歳。

1931年松江市生まれ。東京大学文学部仏文科を卒業。同大学院を修了。在学中の55年、詩集「倖せそれとも不倖せ」を出版。66年「季節についての試論」でH氏賞受賞。68年「わが出雲・わが鎮魂」で読売文学賞詩歌俳句賞受賞。83年「死者たちの群がる風景」で高見順賞受賞。88年「水辺逆旅歌」で藤村記念歴程賞受賞。94年「漂ふ舟・わが地獄くだり」で現代詩花椿賞受賞。98年「入澤康夫〈詩〉集成 1951-199」「唄 遠い冬の」の詩作で毎日芸術賞受賞。02年「遐い宴楽」で萩原朔太郎賞受賞。60年代以降の現代詩をリードした。
明治大教授などを歴任。詩集のほか理論面でも著書多数。宮沢賢治の研究者としても知られ、宮沢賢治学会イーハトーブセンターの初代代表理事を務めた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop