アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

7252

和久峻三



作家の和久峻三(本名:古屋峻三)、心不全のため10月10日死、88歳。

1930年京都市生まれ。京都大法学部を卒業。中日新聞社の記者をへて、弁護士となる。京都に法律事務所を開く。60年「宝石増刊」に滝井峻三名義で「紅い月」を発表してデビュー。72年「仮面法廷」で江戸川乱歩賞を受賞。89年「雨月荘殺人事件」で日本推理作家協会賞を受賞。 法廷ミステリーの第一人者と言われた。「赤かぶ検事」シリーズや「京都殺人案内」シリーズなど、TVドラマ化された。
夏目大介名義でのファンタジー作品もある。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop