アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7259

市原悦子



女優の市原悦子(本名:塩見 悦子)、心不全のため東京都内の病院で12日死去、82歳。3年前に自己免疫性脊髄炎で入院。昨年12月に盲腸となり、それが悪化して1月2日から入院していた。

1936年千葉市生まれ。早稲田大学第二文学部(演劇専修)を卒業。富士銀行に勤務後、57年俳優座に入団。「りこうなお嫁さん」でデビューし、新劇新人推賞を受賞。59年「千鳥」で芸術祭奨励賞、63年新劇演劇賞、64年ゴールデン・アロー賞新人賞を受賞。71年に俳優座を退団し、72年番衆プロを設立した。
75年に始まったTVアニメ「まんが日本昔ばなし」の声優を長年務める。 83年からTVドラマ「家政婦は見た!」や96年から「弁護士高見沢響子」の主役も長年勤めた。90年映画「黒い雨」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop