アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7260

梅原猛



哲学者で元国際日本文化研究センター所長の梅原猛、12日死去、93歳。

1925年仙台市生まれ、愛知県育ち。48年京都大学哲学科を卒業。龍谷大学文学部講師をへて、立命館大学文学部講師・助教授・教授を歴任。その後、京都市立芸術大学美術学部教授をへて学長に就任した。
60年代から日本文化研究に傾倒し、72年奈良・法隆寺は聖徳太子の怨霊を鎮めるために建てられたとする「隠された十字架―法隆寺論」を出版。73年「水底の歌―柿本人麿論」を出版。独創的な論は「梅原古代学」と呼ばれた。このほか「スーパー歌舞伎」「スーパー能」を創作した。
他の著書に「地獄の思想」「怨霊と縄文」「精神の発見」「飛鳥とは何か」など。

日本文化を総合的に研究する中心機関の必要性を訴え、87年国際日本文化研究センター(日文研、京都市西京区)の創設に尽力し、初代所長に就任。
97年日本ペンクラブ会長となり3期6年務めた。99年文化勲章受章。04年「九条の会」呼びかけ人となる。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop