アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7289

笑福亭松之助



上方落語家の笑福亭松之助(本名・明石徳三)、兵庫県内で22日死去、93歳。

1925神戸市湊西区(現:兵庫区)生まれ。48年五代目笑福亭松鶴に入門、二代目松之助を名乗る。50年五代目松鶴が他界したこともあり、演劇分野にも進出。51-58年まで宝塚新芸座で、その後は吉本新喜劇(当時は吉本ヴァラエティ)の舞台に喜劇役者として出演した。明石光司のペンネームで脚本や新作落語なども書いた。落語の得意ネタは「三十石」「らくだ」「野崎詣り」。
74年明石家さんま(本名:杉本高文)が弟子入りしている。
俳優としてNHK連続テレビ小説「まんてん」「わかば」、映画「岸和田少年愚連隊」「機関車先生」「パッチギ!」などに出演した。
16年半生記「草や木のように生きられたら」を出版。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop