アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7291

ドナルド・キーン



米日本文学研究者のドナルド・キーン(Donald Lawrence Keene)、心不全のため東京都内の病院で24日死去、96歳。

1922年ニューヨーク州生まれ。16歳のとき飛び級で米コロンビア大学に入学。在学中の40年アーサー・ウェイリー英訳「源氏物語」を読んで日本に関心を持ち、角田柳作のもとで日本思想史を学ぶ。太平洋戦争中、海軍語学校で日本語を学び、海軍通訳士官を務める。
49年コロンビア大学大学院東洋研究科博士課程を修了。53年京都大学大学院に留学、松尾芭蕉、井原西鶴、近松門左衛門を研究する。55年コロンビア大学に戻り、60年教授に就任。86年コロンビア大学ドナルド・キーン日本文化センターが開設された。92年名誉教授となる。

芭蕉「奥の細道」、吉田兼好「徒然草」、「近松傑作集」といった古典作品のほか、三島由紀夫「近代能楽集」、安部公房「戯曲集」などの現代文学を英訳し海外に紹介。「百代の過客」で読売文学賞、日本文学大賞を受賞。「明治天皇」で毎日出版文化賞を受賞。このほか菊池寛賞、山片蟠桃賞など多数の賞を受けた。他の著書に「日本文学の歴史(全18巻)」「渡辺崋山」「日本人の美意識」など。11年から全15巻の「著作集」を刊行した。
02年文化功労者、08年外国出身の学術研究者として初の文化勲章を受章。日本の伝統芸能の愛好家としても知られる。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop