アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7324

鼓直

翻訳家でラテンアメリカ文学者の鼓直、病気のため4月2日死去、89歳。

1930年岡山県生まれ。朝鮮半島の馬山で少年時代を過ごす。51年東京外事専門学校イスパニヤ語学科(現:東京外国語大学スペイン語科)を卒業。大阪のメーカーに会社員として7年間勤務。龍谷大学講師、神戸市外国語大学助教授、神奈川大学助教授をへて、74年法政大学教授に就任。00年退職。
ミゲル・アンヘル・アストゥリアスの長篇小説「緑の法王」の翻訳を皮切りに、ラテンアメリカ文学の翻訳を手掛け、70年代のラテンアメリカ小説ブームを支えた。訳書にガルシア・マルケスの「百年の孤独」、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの「伝奇集」「創造者」など。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop