アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7332

ドリス・デイ



米歌手で女優のドリス・デイ(Doris Day、本名:Doris Mary Ann Kappelhoff)、カリフォルニア州の自宅で13日死去、97歳。

1922年オハイオ州シンシナティ出身。バレリーナを目指すが、15歳で列車事故にあい断念。18歳でジャズバンドのレス・ブラウン楽団に専属歌手として参加。バンドメンバーと結婚するが20歳で離婚。44年「センチメンタル・ジャーニー」を歌い、これが大ヒット。46年24歳で2度目の結婚をするが8ヶ月で破局。
48年「洋上のロマンス」で映画デビュー。50年「二人でお茶を」に出演、主題歌も歌い大ヒット。映画には年間数本ずつ出演し、人気を博す。51年3度目の結婚。53年西部劇風ミュージカル映画「カラミティ・ジェーン」が大ヒットで人気を不動のものとした。56年アルフレッド・ヒッチコック監督「知りすぎていた男」の劇中で歌った「ケ・セラ・セラ」が大ヒットし、アカデミー歌曲賞を受賞した。
68年夫が亡くなり映画界を引退。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop