アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7344

田辺聖子



作家の田辺聖子、総胆管結石による胆管炎のため神戸市内の病院で6日死去、91歳。

1928年大阪市生まれ。樟蔭女子専門学校(現:大阪樟蔭女子大)を卒業。大阪の金物問屋に就職。一家の生計を支えながら小説を書き、大阪文学学校にも通った。56年「『虹」で大阪市民文芸賞受賞。57年「花狩」が雑誌の懸賞小説に佳作入選しデビュー。64年「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)」で芥川賞を受賞。その後、大衆小説へと軸足を移し、恋愛小説やゆーものある社会風刺的なエッセイなどを執筆。「姥ざかり」シリーズはドラマ化もされた。
93年「ひねくれ一茶」で吉川英治文学賞、98年「道頓堀の雨に別れて以来なり 川柳作家・岸本水府とその時代」で泉鏡花文学賞、などを受章。「源氏物語」など王朝文学の翻案にも力を注いだ。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop