アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7391

西岡善信



映画美術監督でプロデューサーの西岡善信、老衰のため京都市内の病院で11日死去、97歳。

1922年奈良県明日香村生まれ。法政大学文学部在学中に学徒出陣。朝鮮半島で終戦をむかえ、47年までソ連に抑留される。帰国後の48年大映京都撮影所に入社。52年「天保水滸伝」で美術監督デビュー。カンヌ国際映画祭グランプリ作「地獄門」で美術を担当、このほか「朱雀門」「弁天小僧」「ぼんち」「破戒」「雪之丞変化」「越前竹人形」「大魔神」など京都・太秦を拠点に160本あまりの映画美術を手がけた。71年大映が倒産。
72年撮影監督の宮川一夫ら大映京都の技術者と「映像京都」を創立、10年解散まで代表を務めた。

78年に始まった日本アカデミー賞では「鬼龍院花子の生涯」「陽暉楼」「瀬戸内少年野球団」「利休」「豪姫」「女殺油地獄」「たそがれ清兵衛」などで最優秀美術賞を受けた。「鬼平犯科帳」などTVドラマの美術でも活躍した。
89年松竹京都映画常務取締役、94年KYOTO映画塾塾長に就任。02年川喜多賞を受賞。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop