アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7398

眉村卓



作家の眉村卓(本名:村上卓児)、大阪市阿倍野区の病院で死去、84歳。

1934年大阪市西成区生まれ。57年大阪大学経済学部を卒業。大阪窯業耐火煉瓦(のちヨータイ)に入社するが、58年退社。大広の嘱託コピーライターとなり、60年SF同人誌「宇宙塵」に参加。61年「下級アイディアマン」が空想科学小説コンテスト(のちのハヤカワ・SFコンテスト)に佳作入選し作家デビュー。63年代行を辞め、処女長編「燃える傾斜」を発表。65年から専業作家となる。

79年「消滅の光輪」で泉鏡花文学賞および星雲賞を受賞。87年「夕焼けの回転木馬」で日本文芸大賞を受賞、96年「引き潮のとき」で2度目の星雲賞を受賞した。「なぞの転校生」「ねらわれた学園」などがNHKでドラマ化された。
大阪芸術大学大学院の芸術研究科教授[、平安女学院大学文化創造センター客員教授も務めた。


関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop