アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7415

高木守道



元中日元監督で元同選手の高木守道、急性心不全のため名古屋市内で17日死去、78歳。

1941年岐阜市出身。県率岐阜商業高校を卒業。60年中日に入団。同年大洋戦で初打席初本塁打デビュー。63年50盗塁をマークして盗塁王獲得。以降65年、73年と計3度の盗塁王に輝いた。77年4打数連続本塁打はプロ野球タイ記録。二塁手としてベストナイン7度、ダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞)3度。球宴出場4度。80年現役引退。
81年から中日コーチ、84・85年2軍監督。86年コーチ、同年7月からシーズン終了まで代理監督を務めた。92年中日監督に就任し、95年シーズン途中で辞任。12、13年と再び中日監督を務めた。06年野球殿堂入り。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop