アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7417

奈良原一高



写真家の奈良原一高、心不全のため東京都世田谷区の介護施設で19日死去、88歳。

1931年福岡県大牟田市生まれ。中央大学法学部を卒業、早稲田大学大学院芸術専攻(美術史)修士課程に入学。55年池田満寿夫、靉嘔らが結成したグループ「実在者」に参加。大学院生だった56年長崎・軍艦島や鹿児島・桜島で暮らす人々を撮影した個展「人間の土地」を開き写真家デビュー。58年刑務所や修道院で生きる人々たちを撮影した個展「王国」で日本写真批評家協会新人賞を受賞。59年東松照明、細江英公、川田喜久治、佐藤明、丹野章と「VIVO」を結成(61年解散)。

その後、ヨーロッパやアメリカに活動の拠点を移し、67年「ヨーロッパ・静止した時間」で日本写真批評家協会賞作家賞、芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞を受賞。86年「ヴェネツィアの夜」で日本写真協会年度賞を受賞。国内外で評価を高めた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop