アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7419

ナルシソ・エルビラ



元近鉄投手のナルシソ・エルビラ(Narciso Chicho Elvira Delgado)、メキシコのデラクルス州メデシンで28日死去、52歳。武装集団から銃撃を受け、20歳の息子とともに殺害された。
1967年メキシコのベラクルス州出身。87年ミルウォーキー・ブルワーズと契約。90年大リーグ4試合に登板した。00-01年まで近鉄でプレーし、33試合(27先発)で7勝8敗、防御率4・79。00年西武戦でノーヒットノーランを達成した。
その後は韓国のサムスン・ライオンズやメキシカンリーグのカンペチェ・パイレーツなどでプレーした。
09年現役引退、メキシコでサトウキビ工場を経営していた。

事件はパソ・デルトロの高速道路を車で走行中、誘拐目的たとみられる車2台の武装集団に待ち伏せされ、背後から2発の銃弾を受けた。同元投手は15年6月も同州で誘拐され、約3週間幽閉されたのち、対誘拐組織部隊に救出され6人が逮捕された。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop