アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7427

野村克也



元プロ野球選手・監督の野村克也、虚血性心不全のため東京都世田谷区の自宅で11日死去、84歳。家政婦により浴槽でぐったりしているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

1935年京都府網野町(現:京丹後市)出身。府立峰山高校を卒業。54年テスト生(捕手)として南海ホークスに入団し、3年目からレギュラーに定着。68年からはコーチ兼任となり、翌年から監督を兼ねた。77年2試合を残して監督解任。その後、他チームに移籍し80年現役引退。現役27年間で歴代2位の通算657本塁打、戦後初の三冠王、首位打者1度、本塁打王9度、打点王7度、ベストナイン19回受賞で歴代1位などの記録を残した。

選手としての活動チームは、南海ホークス (54 -77)、ロッテオリオンズ (78)、西武ライオンズ (79-80)。監督として南海ホークス (69-77)、ヤクルトスワローズ(90-98)、阪神タイガース(99-01)、東北楽天ゴールデンイーグルス(06-09)。各チームの監督として最多勝利記録(1,053勝)を保持する。ヤクルト監督時代に日本一3度、「ID野球」などデータを駆使した戦術で知られた。

ほか、シダックス監督、日本体育大学客員教授なども務めた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop