アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7428

芳賀徹



比較文学者で東京大学名誉教授の芳賀徹、胆のうがんのため東京都内の病院で20日死去、88歳。

1931年東京府(現:東京都)生まれ。東京大学教養学部を卒業、同大学院比較文学比較文化専修課程を修了。フランス留学をへて、57年帰国。63年東京大学教養学部専任講師、65年助教授、66年プリンストン大学研究員、77年東京大学教授に就任。
91年国際日本文化研究センター教授、92年東京大学を定年退官。97年国際日本文化研究センターを定年退官。その後、大正大学教授、岡崎市美術博物館館長、京都造形芸術大学教授、学長などを歴任。

この間、68年に初の単著「大君の使節」を出版。81年「平賀源内」でサントリー学芸賞、84年「絵画の領分」で大佛次郎賞、11年「藝術の国日本 画文交響」で蓮如賞、12年現代俳句大賞などを受賞。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop