アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7429

古井由吉



作家の古井由吉、肝細胞がんのため東京都内の自宅で18日死去、82歳。

1937年東京生まれ。東京大学文学部独文科を卒業、同大学大学院独文学専攻修士課程を修了。金沢大学講師、立教大学助教授などを務める。ドイツの作家ロベルト・ムージルらの翻訳を手がける一方で、68年同人雑誌「白描」に処女作「木曜日に」を発表。70年立教大学を退職。

71年神経を病んだ女子大学生らの姿を描いた「杳子」で芥川賞を受賞。同時代の後藤明生、高井有一らとともに「内向の世代」と呼ばれ、77年「内向の世代」の作家らで同人誌「文体」を創刊。
80年「栖」で日本文学大賞。83年「槿」で谷崎潤一郎賞。87年「中山坂」で川端康成文学賞90年「仮往生伝試文」で読売文学賞、97年「白髪の唄」で毎日芸術賞を受賞した。他の著書に「野川」「蜩の声」など。
86-05年までの19年間、芥川賞の選考委員を務めた。

     
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop