アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7430

フリーマン・ダイソン



米理論物理学者でプリンストン高等研究所名誉教授のフリーマン・ダイソン(Freeman John Dyson)、米ニュージャージー州プリンストンで28日死去、96歳。

1923年英南東部バークシャー生まれ。英ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジを卒業、米コーネル大学大学院を修了。コーネル大では原爆開発のマンハッタン計画で中心的役割を果たした物理学者ハンス・ベーテに師事。恒星の全エネルギーを利用する「ダイソン球」、彗星を覆う巨大植物「ダイソン・ツリー」、遺伝子工学に育てられた宇宙船「宇宙の鶏(アストロチキン)」、惑星・恒星をも移動させる装置を考案するなど、量子電磁力学をはじめさまざまな分野の研究に研究にも携わる。

朝永振一郎やリチャード・ファインマンらが提唱していた素粒子論の基礎「くりこみ理論」について、49年論文「トモナガ・シュウィンガー・ファインマンの放射理論」を発表。この理論で朝永ら3人は65年ノーベル物理学賞を受賞した。
ハイネマン賞数理物理学部門やローレンツメダル、ヒューズ・メダル、全米批評家協会賞、ポアンカレ賞など受賞多数。
日本のドキュメンタリー映画「地球交響曲第三番」に出演。

    
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop