アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7449

ミシェル・ピッコリ



フランスの俳優ミシェル・ピッコリ(Michel Piccoli)、脳卒中のため12日死去、94歳。

1825年パリ生まれ。第二次世界大戦後、舞台俳優として活動を開始。ルイス・ブニュエル監督「昼顔」「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」、ルイ・マル監督「五月のミル」、ジャック・リヴェット監督「美しき諍い女」などアート系映画から大作まで150本以上の映画に出演した。
80年マルコ・ベロッキオ監督「虚空への跳躍」でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞、82年「Une étrange affaire」でベルリン国際映画祭男優賞を受賞した。セザール賞に4度ノミネート。90年代より監督も手掛け、01年「「黒い海岸」などを制作した。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop