アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7454

岡井隆



前衛短歌運動を牽引した歌人の岡井隆、心不全のため東京都武蔵野市内の自宅で10日死去、92歳。

1928年名古屋市生まれ。慶応大学医学部を卒業。内科医師として、国立豊橋病院内科医長などを歴任した。89-98年まで京都精華大学人文学部教授。
17歳で作歌をはじめる。 46年短歌結社「アララギ」入会後、大学在学中の51年に近藤芳美らと歌誌「未来」創刊。思想性や社会性を映す前衛短歌運動を広めた。北里研究所付属病院の医師として勤務していたが70年辞職、愛人女性と九州に隠遁し文学活動を停止した。5年後に歌集「鵞卵亭」を発表して歌壇に復帰。

主な歌集に「禁忌と好色」「岡井隆全歌集」。迢空賞、斎藤茂吉短歌賞、現代短歌大賞、藤村記念歴程賞、高見順賞など受賞多数。塚本邦雄、寺山修司とともに前衛短歌の三雄の一人とされる。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop