アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7459

森崎東



映画監督で脚本家の森崎東、脳梗塞のため神奈川県茅ケ崎市の病院で16日死去、92歳。

1927年長崎県島原市生まれ。京都大学法学部を卒業。56年松竹京都撮影所に入社。65年大船撮影所に移籍し、野村芳太郎や山田洋次の助監督、脚本を手がける。69年「喜劇 女は度胸」で監督デビュー。その後、「男はつらいよ フーテンの寅」など喜劇を手がけた。74年フリーとなる。
85年「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」、96年「美味しんぼ」を監督。13年「ペコロスの母に会いに行く」を監督し、キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位となる。
71年芸術選奨新人賞、05年芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop