アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

797

市川崑

市川崑

映画「ビルマの竪琴」「東京オリンピック」などで知られる戦後の日本映画界をリードした映画監督の市川崑(本名:市川儀一、のち崑に改名)、肺炎のため東京都内の病院で13日死去、92歳。

1915年三重県宇治山田市(現:伊勢市)生まれ。4歳で大阪へ移る。33年J・Oスタジオ(後の東宝)に入社、トーキー漫画部に入り、アニメーターを務める。漫画部の閉鎖で、実写映画の助監督に転じる。伊丹万作、阿部豊らに師事。36年東宝に移る。48年「花ひらく」で監督デビュー。同年、後に脚本共作者となる和田夏十(83年死去)と結婚。

55年日活に移り、51年「ビルマの竪琴」(85年再映画化)などを監督、その後大映に転じ58年「炎上」59年「鍵」「野火」などを撮る。65年「東京オリンピック」を監督。記録か芸術かの物議をかもした。72年監督・監修を手がけた連続テレビ時代劇「木枯し紋次郎シリーズ」が話題を呼ぶ。76年「犬神家の一族」など石坂浩二主演の金田一耕助シリーズが大ヒット。90歳を迎えた06年石坂浩二主演で「犬神家の一族」をリメーク。

56年「ビルマの竪琴」アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、59年「野火」ロカルノ国際映画祭グランプリ、60年「鍵」カンヌ国際映画祭審査員賞・ゴールデングローブ賞外国語映画賞、83年「細雪」アジア太平洋映画祭グランプリ・同監督賞など受賞多数。




      
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop